社労士池原の労務管理日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 振替休日を半日単位で与えることができるか

<<   作成日時 : 2018/05/13 21:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【ご相談内容】
当社では、設備のメンテナンスのため、法定休日(週に1日の休日)である日曜日に出勤する必要が生じたため、予め翌週の営業日と振り替えて休みをとってもらおうと考えています。
その際、翌週の営業日の勤務を半日ずつ、2日に分けて振替休日1日とすることは可能でしょうか?

【私からの回答】
休日の振替制度は、予め休日出勤することが分かっている場合には、別の出勤日と振り替えることで休日を確保することを目的とする制度です。

休日とは、午前0時から24時までの24時間を労働から解放され休息することができる日を言います。
とすると、1日の勤務時間のうち、4時間を休みとしたとしても、残りの4時間を勤務している以上、これは休日とは認められません。
休日とはあくまでも1日単位で与えられるものなのです。

従って、ご相談の内容では、振替休日を与えられたことにはなりません。

一方で、代休としてであれば、半日単位でも与えることはできます。
代休の場合は、出勤した日曜日は休日出勤として取り扱われますが、その代わりに取得した代休の半日は、通常支払われる1日分の給与から半日分の控除が可能です。

日曜日の休日出勤に対しては、135%の割増賃金の支払いが必要となりますが、代休を取得した2日は半日分の賃金が控除されますので、差し引きすると、休日出勤した時間分の35%の割増賃金のみの支払いで清算できることになります。

***********************
フロネーシス社労士事務所
社会保険労務士 池原伸
電話 06-6777-8610
***********************

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
振替休日を半日単位で与えることができるか 社労士池原の労務管理日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる