社労士池原の労務管理日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 自動車通勤をしている従業員が、雪の日に電車で通勤した場合の交通費の取扱い

<<   作成日時 : 2017/02/16 09:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【ご相談】
毎日自動車で通勤している者が、先日の雪の日に会社の許可なく電車とバスで通勤しました。
この従業員から、当日の電車とバスの往復交通費の支払いを求められています。
会社としては自動車通勤者には毎月4200円の通勤手当を支給しています。
会社は、この日の交通費を支払わなくてはならないのでしょうか?

【私からのご回答】
通勤手当は、会社が当然に支払わないといけないものではなく、通勤手当が支給されない会社もあります。
通勤手当も賃金の一部であり、その額や支払のルールは、会社が独自に決めることができます。
今回のご相談のケースでは、自動車通勤をする者には、1カ月4200円支払うとのルールがあり、その金額が支払われている中で、電車とバスで通勤されたわけですが、会社に対して事前に許可を得ずに電車とバスで通勤した以上、この選択は、従業員さんの自己判断となります。
チェーンやスタッドレスタイヤを装着すれば自動車でも通勤可能であったにもかかわらず、通勤手段を許可なく変更し、その費用を会社に請求することは当然に認められる権利ではありません。
仮に、チェーンやスタッドレスタイヤを装着しての通勤が困難な場合には、他の交通手段で通勤してもよいかを事前に会社に確認し、その判断により通勤すれば、その費用は会社が認めたものとして請求できる余地はあると思います。
従って、このようなケースに備えて、会社は、就業規則に、会社に申し出ている交通手段、通勤ルートによる出勤が天候や災害等により困難な場合には、事前に会社の許可を得て、通勤手段を変更することができること、そしてその場合の費用は、会社が支給する、あるいは労働者の自己負担とするといった規定を設けておくことが重要かと思います。

***********************
フロネーシス社労士事務所
社会保険労務士 池原伸
電話 06-6777-8610
***********************

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自動車通勤をしている従業員が、雪の日に電車で通勤した場合の交通費の取扱い 社労士池原の労務管理日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる